営業の仕事

営業職は見た目を気にするべきかどうかついて考えてみた件

 どうもひとまるです!

営業職という仕事上見た目は大事!

見た目を気にして、印象をよくすることは

当然なんだろうけど、果たしてそれは本当なのか?

 

 

 

世間一般論で言われる

「営業は第一印象がで決まる!」とか

「営業は見た目が命!!」とか

ただただ周りの常識に流されているだけでは

なかろうか?

 

 

 

先に結論から言うと

 

 

 

見た目は気にするべき!!

 

 

 

なんだけどねw

 

 

 

これは僕が営業マンで

意識高い系のことを言いたいからとか

こんなこと言ってる俺カッコいいからとか

(あ…ちょっとそれもあるかもしれんがw)

ではなく

仕事してて本当に感じることがあるから

勝手にそう思ってる

 

 

 

ただ僕自身は昔から正直なところ

見た目には無頓着で、ズボラな人間であるww

営業職にはあまり向いていないのであるw

 

 

 

さらに厄介なことに

そうゆう人間は自分が見た目が良くないことに

気付かないケースが多い

 

 

 

自分が見た目に無頓着で適当な点を

理解はしながら、毎日食べていくためには

営業職での仕事をしなければならないため

少しでも「気付き」を増やそうとは思っている

 

 

少しでも見た目が営業マンとして

受け入れてもらうようにやっている「気付き」の

最低限の営業マンとして僕が気にしている点

営業マン見た目を気にする必要がある理由

を紹介しようと思う

 

 

 

メラビアンの法則って知ってる?

 先に営業マン見た目を気にする必要がある理由から

これは言われるとある程度は納得してしまう法則

「メラビアンの法則」について

 

 

おそらく新卒である程度の規模の企業に勤めた人は

新入社員研修とかで教えてもらうことが多いかと思う

 

 

「メラビアンの法則」とは1971年にアメリカの心理学者

アルバート・メラビアンが提唱した概念で、人物の第一印象は

初めて出会ったときの3~5秒で決まり、そのほとんどが

「視覚情報」から影響しているとした概念。

 

 

このコミュニケーションの猛者であるメラビアン氏

の研究結果によると情報が相手に与える影響

あの有名な以下の法則が成り立つようだ

 

 

 

・言語情報(Varbal)  7%

・聴覚情報(Vocal)  38%

・視覚情報(Visual)   55%

 

 

見よ!!

この揺るぎのない数字を!

 

 

 

視覚情報であるVisualが半分以上を占めている!

 

 

 

見た目がダメなだけで

まずは半分のペナルティを背負って

戦わなければならないのであるww

 

 

 

反対に言えば、見た目さえまともであれば

その分大きなアドバンテージとなる

 

 

 

確かに言われてみると

見た目かで違和感を感じる人には

やはり警戒して話を聞く姿勢になったり、

不信感持って身構えることになる場合があるもんね

 

 

この数字は納得できると思う!

 

 

聴覚情報38%も

 あと聴覚情報も38%占めている

 

これも何となく納得がいく

 

 

 見た目が問題無くても

話し方が耳障りだったり

笑い方が気になったりすると

内容が全く入ってこないことがあるw

 

 

これは自分が言われると

めっちゃ傷付くけどwww

 

 

 話し方は改善することは

日頃のトレーニングが必要だと思うし

ここ改善するには相当努力がいる気がするけど…

 

 

 

あと話し方はセンスもあると思うし…

 

 

 

 ただ営業職の人としては

ある程度、人と話をするときに気にしながら

練習していけば良いかと考える

 

 

コミュ障の僕が最低限気にしてること

 メラビアン様のご法則を見ると

「見た目ぶっさいくの僕無理じゃん!」とか

「話すときにテンパる僕もオワタ!」と思ってたw

 

 

 

だが営業職として働いている以上は

嫌でも人と話して注文を取らなければならない

 

 

 

そこで度重なる人生の嫌なことを交わしてきた

知恵を用いて、少しでもまともに見えるよう考えた結果

「ここだけは押さえておけ」ってとこが以下

 
 
 
 
POINT
・最低限の清潔感
・質問して話は聞いとけ
・とにかく笑顔
 
 
 
 

最低限の清潔感

 僕のようにどう間違えてもイケメンに

なれない顔であっても(おい!w)

最低限の清潔感さえあれば、マイナスなることはないはず

 

 

そう思い毎日着ていくスーツやYシャツは

シワがなるべくないように社会人何年目かで

気にするようにした

 

 

靴もそうだ

やはりスーツを着ている人を見ると

特に特徴を感じる箇所が少ないからか

やけに靴に目がいくことに気づいた

 

 

毎週ではないが

汚れが目立ち、つやが無くなってきたときや

少なくとも月に1回程度は靴を磨くように

心がけている!

 

 

 あとは髪型も社会人3年目ごろまでは

寝ぐせを立てて出勤していたことがしょっちゅうだったが

寝ぐせ直しスプレーを買ってから大分減った

 

 

服装や髪型だけでも

多少気にするようになってからは

上司の指摘は多少なりとも減った気がする

 

 

まだ至らない点や気付いていない点は

たくさんあるであろうが、最低限の清潔感は

大切であると感じている

 

 

これも反対に自分に売り込みに来た

靴が汚い営業マンや、

よれたスーツを着ているサラリーマンを見ると

内容に不安に思うことがある

 

 

質問して話は聞いとけ

僕も営業マンの端くれではあるが

饒舌ではなく、むしろ話すのは苦手な方だ

 

 

「営業トークで乗り切れ!」

とかよく周りから言われることもあるけど

そんな能力は就職活動から持ち合わせていない

ことを実感していたwww

 

 

話すことが苦手ならどうするのか?

せめて人の話を聞くしかないのだ

 

 

最低限の清潔感があって

最低限の質問が出来れば、

最低限の商談はしてくれるであろう

 

 

少し見た目より「聴覚」の要素が

強い部分もあるが、ある程度の第一印象の受け答えで

「話を聞いてくれそう!」と受け入れてもらうのも

結構重要なことだと思う

 

 

とにかく笑顔

これは完全見た目!!w

 

 

第一印象の笑顔でイメージを本当に変わる

 

 

以前の職場に勤めていた際

ある取引先の会社でやたら

ハキハキと笑顔で受け答えする

若手営業マンが非常に印象が残っている

 

 

 

その笑顔が素敵な営業マンは

入社から2年目程度で

商品の知識も無く、見積も遅いし、

適当な回答が来る担当者だった

 

 

 

その若手営業マンも

話はそんなに得意そうな感じでもなく

「何かありますか~?」とかの質問や

「はい!」とか「わかりました!」とか

普通の受け答えしかしていなかった印象だった

 

 

 

ただ笑顔はピカイチで

ビジネスとしては多少の支障があっても

毎日通い笑顔で来る若手営業マンへ

僕の上司や先輩たちは新規話を振り続けていた

 

 

 

 

他にも同じ商品を取り扱う会社は

いくらでもあるにも関わらず

先輩曰く「とりあえず話だけは振ってみる」

となるそうだ

 

 

 

饒舌じゃなくても笑顔は大事!

 

 

 

最後に

ざっくりと営業マンをやってる僕が

最低限気を付けていることでした

 

 

 

正直なところその最低限も出来ていないときも

あるんで正確には

「最低限だと思っていること」

かもしれないです

 

 

 

 

だって

毎日アイロン掛けるのめんどくさいじゃんw

 

 

 

 

これからも気にしながら

食っていくために営業活動に励みます

 

 

 

そして得意先から

こう話しを振られたいものです

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず「ひとまる」で!!!

 

 

 

 

 

….

 

 

 

 

 

おわりっ!!!!

最近の投稿